みんなで盛り上げよう!大分発祥「にら豚」料理!参加型のPRキャンペーン!

全国有数の「にら」の産地である大分市発祥のメニューである「にら豚」。
「にら豚」が大分市独自のメニューであることは意外に知られていません。
「にら」にはいろんな効能があり、とても優れた食材です。
このキャンペーンを通じて、にら豚を食べられるお店を紹介し、地産地消で、にらの消費拡大につなげで行きましょう!

にらブー

「にら豚」とは

にら豚

大分市特産のにらを使用し、豚肉とキャベツといっしょに炒める醤油味ベースの料理。
市内の中華料理屋が発祥といわれ、大分市民に広く愛されています

大分市における「にら」生産の歴史

にら畑

昭和43年に滝尾地区で始まった大分市のにら栽培。現在では滝尾をはじめ川添、松岡地区など約35ha(昭和電工ドーム約7個分)もの面積で栽培される、全国でも有数の産地となっています。大分市では7~8月に苗を植え付け、11月から翌年の7月まで収穫する「冬にら」と、4月に植え付けし、7~11月まで収穫する「夏にら」とを切り替えて栽培しているため、年間を通した出荷が可能となっています。大分市産の「にら」は市内で消費されるほか、福岡、大阪、京都などへも出荷されています。生産者は、「安全・安心」はもちろん、高品質な「にら」づくりに日々励んでいます。

「にら」の成分

にら

「にら」には独特の匂い成分であるアリシンのほか、β-カロテン、ビタミンCなどが含まれています。また、「にら」に含まれるアリシンは豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を高めるとされ、「にら」と「豚肉」を組み合わせたメニュー「にら豚」は美味しさのみならず、栄養面からみても抜群の組み合わせなのです。

「にら豚」誕生秘話

大分市民に「にらを使用したメニューは?」と尋ねると、「にら豚」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。「にら豚」は大分市民に広く浸透しているメニューですが、そのルーツを知る市民は多くありません。「にら豚」は、大分市でにらの栽培が始まった3年後の昭和46年、市内の中華料理店において、「大分市の特産品を使って安くておいしい料理を作ろう」という考えから誕生したメニューです。現在では市内の多くの中華料理店で提供されていることから、大分市民は「にら豚」を中華料理だと思っていますが、実は、創作の郷土料理なのです。

レシピのご紹介

にら豚炒め

大分市特産にらを美味しく食べる!

にら豚炒め
材料(2人分)
  • にら…100g
  • キャベツ…100g
  • 豚バラ肉…100g
  • サラダ油…適宜
  • 砂糖…小さじ2
  • しょうゆ…大さじ2
  • 一味唐辛子…適宜
作り方
  1. にらを長さ4cm、キャベツは幅1cm長さ4cmの太千切りに、豚バラ肉は2cm程度に切る。
  2. 中華なべにサラダ油を入れてよく熱し、豚バラ肉を炒める。
  3. 肉に火が通ったら、にら、キャベツ、Aのたれを一度に加えて炒める。一味唐辛子はお好みで。
    ※強火で炒めるのがポイントです!

お店を推薦

にら豚を提供している店舗の情報をお待ちしています!
下記フォームから店舗の情報をお送りください。
掲載は大分市内の店舗に限らせて頂きますので予めご了承ください。

印は必須項目です。

入力 >> 確認 >> 送信

名前orニックネーム
メールアドレス
推薦店舗名
お店・施設の場所を特定できる情報(住所・目印等)
お店の電話番号
クチコミ
お店の外観写真
にら豚写真など

PRポスター